犬のストルバイト尿石の内科的溶解療法

レントゲン写真

この比較的に大きく、滑らかなものから多少粗い放射線不透過性の尿石は、しばしば円形から角張った外観を持ちます。また通常、ブドウ球菌またはプロテウス菌の尿路感染に関連しています。

一般情報

内科的溶解は膀胱結石と腎臓結石に最も効果的です。尿道結石、特に尿道閉塞を引き起こす結石は、通常、他の低侵襲的な方法によって除去されるか、膀胱に逆水圧推進法で戻されてから外科的に除去されます。

診断

尿培養検査と尿検査

医学

ペニシリン(例:アモキシシリン)は通常、感染症に対して効果的です。溶解療法の期間全体ではないにしても、ほとんどの期間(2〜3か月)に抗生剤を投与してください。必要に応じて、尿路の疼痛軽減のための投薬を検討してください。

栄養

translation missing: ja.recos.canine_struvite_dissolution.canine_struvite_dissolution_nutritional

モニタリング

5〜6週間ごとにレントゲン画像を撮ってください。尿石のサイズ/密度/数の減少は、効果的な治療、正確なミネラル成分の推測および溶解療法の継続が必要であることを示します。尿石のサイズ/密度/数の変化のなしまたは増加は、コンプライアンス(尿培養検査、尿検査)を確認するか他の尿石の除去方法を検討する指標です。

免責事項

療法食の適応症や禁忌事項については、製造元の資料を確認することを推奨します。複数の健康問題があるペットについては、健康上のあらゆるニーズを考慮して療法食を選ぶことを勧めます。

完全な推奨事項 PDF へのリンク

犬のストルバイト尿石の内科的溶解療法
Back